読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

140字じゃ書ききれないこと。 (@tkkr_g)

THE BACK HORN『運命開花』感想

感想 THE BACK HORN

初聴の感想なのでざっくりです。
あとインタビューやら栄純の「自分語り」やらは全く読んでいません。そういうのなく読ませてほしい。

 

 

1 暗闇でダンスを
oh my soulwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
出だしが意外すぎでしたね。
ひょうひょうとを思わせるようなイントロから、「オーマイソウー!!!!」ってwwww
全体的にブルージーですごく好きな曲調なのですが歌詞が面白いです。面白いけど言ってることはちゃんと言ってて好きです。お酒を飲みながら聞きたい(かなりの褒め言葉)。


2 ダストデビル
途中の展開(「悪魔が目を~」がある節)がすごくバクホンっぽいやつ。
出てくる言葉が馴染み深いものが多くて、ゴリゴリで、全体的に「今のバクホンらしさ」が出てるんじゃないかなあと感じました。


3 その先へ
これはライブで聞いたらすごいエネルギーなんだろうなと思いながらいつも聞いてます。
彼らの(特に山田将司の)音楽から発せられているエネルギーって、匹敵するバンドをあんま見たことない。
実感したことがあるのはエレカシブラフマンくらい。


4 tonight
こういうマッチョじゃない曲ももっとやってほしいです。いいぞもっとやれ。でもこれ他のバンドの曲っぽい。
「咲くだろう」が「朔太郎」に聞こえたのは私だけですかね。
Cメロは好きです。


5 コンクリートに咲いた花
ああ、これはいい…歌メロ好き。「一段飛ばしで」はたしかに名メロディ。
この曲の間奏のリズムパターンって罠→ガーデン→罠→ガーデンになってるのわざとなのだろうか。たまたまか(笑)。でもガーデンや罠みたいな世界観とこの曲もたしかに「繋がっている」なんだけど。


6 記憶列車
あれ、3拍子久しぶりじゃない?
全体的に歌謡曲。昭和臭。2015年の曲じゃない(褒め言葉)。
よく聞くとたまに入ってくる異臭。


7 胡散
なんだこのイントロwww
走って走って走る感じの曲に戻ってきた。
メタルなんだよなあ、岡峰さんななるほどwwwwwwww
掛詞をわざわざ表記しちゃうとことか、ベースギターのユニゾンとかほんと笑っちゃうんだけどwwwwwwwww
ダサ格好いいを地でいってます。


8 魂のアリバイ
刃感。
和ロックやらせても格好いいよねえこの人たち。
「魂のアリバイ」がキラーフレーズすぎて、周囲の言葉も多分それに引っ張られて出てきたんだろうけど、この和風の中で「アリバイ」だけ浮き出て見える。なんだかんだ格好いい。好き。


9 悪人
でたでた。
というか今回は歌詞カードのレイアウトにも気を配ってるなあ。アートブックみたいだ。


10 シュプレヒコールの片隅で
これシークレットトラックじゃないよね????????????????????な出だし。
2015年の曲じゃない(褒め言葉)。
私は何年前のアルバムを聞いているんだ??途中愛、テキサス?????最後軍歌???ええ?????


11 君を守る
これは良曲の予感。
というか若い。36歳のおっさんがやる曲じゃない。
ノスタルジーな青春じゃなく、リアルな青春?でも年齢関係なく普遍的だし。


12 カナリヤ
Aメロの1音目のギターすごく好き。
なんかハイスタ臭がする。BabyBaby臭がする。
なんかでも全然掴めないんだけどなんなんだろう。GRANRODEOの「カナリヤ」の先入観があるせい?

 

 

 今回ガツンとインパクトのある曲が少ない気がするので、聞き込んだらだいぶ印象が変わると思います。
 色んなところで「原点回帰のアルバム」って書かれてましたが、これ「原点」って1998(バンド結成当初)じゃないよね????1979とか(バクホン生まれた頃)とかですよね?????????????????????って聞きたくなる感じでした。
 個人的に一番好きな曲は「暗闇でダンスを」でした。ユーモア茶目っ気満載だけど小洒落てたり渋かったり意外性もあり安心感もあり。

 

 

(12月11日追記)
しばらく聞いてみての<a href="http://tkkrgr.jugem.jp/?eid=43" target="_blank">レビュー</a>も書きました